忍者ブログ
http://burikio.blog.shinobi.jp/
ブリキヲによるMa.K.を中心とした模型ブログ。 不定期にのんびり行きます。
ADMIN | ENTRY
 
12NEXT >
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Maschinen Krieger ZbV3000 Copyright (c) Kow Yokoyama. All Rights Reserved.
最新CM
[02/25 Heco]
[04/07 ヒール]
[10/07 Dr. TaK]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
ブリキヲ
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、グラジの続きです。
だんだん形になってきました。 
クレオスの瓶入りレジンプラサフをツールクリーナーで割った
物をサフとして塗ったりしていますが、
部分的にマチエールを付けるため、タミヤの白パテを使いました。
横山先生はプラパテの塗料割りをされてますが、
今回はそのまま擦り付けています。

写真が暗いですが、こんな感じに。

     

下の箱はボムチのグラジです。

ハッチを開けるか閉めるかで迷っています。
一部コクピット内にエポパテを使用してますが、
これは擦り合わせ時に削りすぎた為で、基本パテいらずです。


あとインテークもちょっとディティールアップを。

DSCN4604.JPG

エッチングでフィルター風に
黒いのは黒瞬着様です。

今日はこんなところで…


PR

色々作りかけがあるのに、今月号のMG見てたら
Q4storeさんのグラジを作りたくなってしまったので、早速制作!

このキットはマシーネンマイスター脊戸さん原型なので
シャープな上、非常に作りやすいキットです。
去年青山の横山先生の展示会の時にQ4store代表の
梅田さんから脊戸さん原型でグラジを出す話を聞いて
大喜びしたものです。

WF限定でなく、一般販売とかあれば嬉しいのですが…
なかなか大変ですよね。

このキットは機体両側の放熱用パイプがむき出しの
いわゆる増加試作型をキット化してますが、部品分割や
デカール内に水タンク用のWATERが入っている事から
先行量産型も出るのでしょうね。

さて、エンジン周りから作っていきますか。

gradi01.JPG

写真では色味が違って見えますが、ベース色は
ガイアのオキサイトレッドでサビ止め風にしています。
たった4パーツなのに、この密度!すばらしいです。
鉄道模型用の布巻き線という刻みの入った真鍮線
などでパイピングを追加したぐらいです。

これならば完成に持ち込めるかな?


そうそう、ヴィットマンね、エゴン・ミュラーも捨てがたいかな?
って前回のエントリが06年の9月って

2年近く前やん!
ああ、2年経ったのか…

色々ありました、職場も変わったし。
でも在庫は増える一方、減りません。
そんな中、横山先生のHPを見ると

旧日東の金型を譲渡、再販へ

バンジャ~イ(∩^ω^)∩

さて、当ブログもゆるりと再開していきます。
関東展示会もあるしね。
B4500…いけるか?

先日横浜の赤レンガ倉庫に行った帰り

ヴィットマンに出会いました。といっても

「ようし、教育してやるか」の人でなく

Wittmann Huxelrebe spätlese’04

ヴィットマン醸造所の白ワインです。

 

ここのワインはちょっと気にはなっていましたが

なかなか飲む機会がなくて、たまたまツレと

立ち寄った伏見ワインで見つけちゃいました。

厳格なビオディナミ(自然農法)によって

作られていますが、特にビオワイン

信奉者という訳ではなく、単純に

美味しいワインが飲みたいという気持ちで

選びました(最近話題だからってのもあるけど)

マスカットや洋梨系の濃厚な果実の香りと

rieslingほどミネラルな感じはしませんが

蜂蜜の様なコクと上品な甘さと酸味が

バランス良く、若いビンテージの割には

どっしりとしていました…大当りでした。

 

そして甘い香りといえばツレが選んだ

GREENLEAFのフレッツシュセンツ

BlushingTulips 

好き嫌いはありますが、甘ったるすぎなく

個人的には気に入りました。

これで部屋の溶剤臭も…って換気は

必要ですから!

 

 

 

 

 

ポーラ・ベアのパテ&サフ乾燥待ちの間にKATOOさん原型の 

rainbow egg製シュトラール軍戦闘ポッドFerkelを

見ていきましょう。

オリジナルはHJ誌’85年9月号に掲載されたSF3D時代末期の

作品ですが、’04年夏のWFでのKATOO氏によるキット化と

マックロ本2でオリジナルモデルが掲載され再評価されました。

マックロ本2でもKATOO氏が寄稿されていたようにタミヤの

1/20マクラーレンM23と日東1/20プラウラー、建築模型の 

JEMAパーツをメインに流用パーツが絶妙に使用されています。

5cb1d3b0.JPG

        

 

 

  流用パーツその1

こちらはKATOO氏も書かれているような、元が分かりやすいパーツ群 

こうして見ると’85年6月号のスイーパーで使用されたタミヤの

T-34なんかもあったりして、本当に横山先生は残ったパーツを

無駄なく使用されているのが分かります。

もちろんそれらを解析したKATOO氏もすばらしい!

 

ferkel002.JPG

  

  

  

流用パーツその2

 

こっちは難しいです。タミヤのスカイクリーナーぐらいしか分かりません

右端2段目のエンジンっぽい4つは旧LSのオライオン?

一番下の右から2つ目はグラジエイターにも使用されていますね。

あ、T-34のマフラー発見。

最上段のヤスリはタミヤのハードコートヤスリPRO

評判どおりレジンでもパテでもガシガシ削れて目詰まりがおこり難い

値段に見合う商品です、オススメ。

         

忍者ブログ × [PR]
"ブリキヲ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.